元人事担当者がエントリーシートの真実を伝えます

私は今年30歳になる社会人です。サービス業の仕事に携わっており、今は宿泊部門で働いていますがその前は人事部門に所属しており新入社員の採用の担当をしておりました。

今回はエントリーシートで悩んでいる方に役立つ事がテーマなのでそれにそってアドバイスをさせて頂きます。

まずエントリーシートですが、仕上げるのが本当に面倒です。私もそうでした。しかし、エントリーシートとはまさに自分を書き写しただけのシートになります。しっかりと自己分析をして何度か練習で書いてみると上達します

。採用を担当している時に大勢のエントリーシートを拝見させてもらいますが、しっかりと書けている人に後から聞いてみるとやはり何度か練習されていました。

大手の企業になるほどエントリーシートのみでの第一次選考になる場合が多いので就職活動においてはとても大事な項目になります。

そして、エントリーシートはその次の面接へと繋げる大事な資料です。企業側はエントリーシートを元に就活生をイメージします。そして、企業の利益を膨らましてくれる人材が内定という勝利を勝ち取る事ができるのです。

そんな重要なエントリーシートどう書けばいいのかと悩んでいる就活生、また嘘で自分を過大評価すればそのイメージで企業は面接してくれる可能性があると考えている就活生は是非この後の記載する内容をよく読んで下さい。

まず、虚偽の内容は絶対に辞めましょう。面接の時だけ嘘を突き通せばいいと考えて臨むとほとんどの確率で面接官に嘘をついているなと見抜かれてしまいます。

私も面接官として面接をした際は相手の目や表情をみればすぐに見抜く事ができます。嘘をついてごまかそうとする就活生は企業も欲しい人材ではありません。

また、仮に面接官をごまかして内定がもらえたとしても入社後大変な思いをするでしょう。企業側は就活生が自社にどのような利益をもたらしてくれるかを考える上に、就活生が自社にあっているかどうかも判断します。

では、どんなエントリーシートが目を引くでしょうか。答えは簡単です。ありのままの自分を精一杯伝える事です。

エントリーシートを見るのも人間ですので多少なりとも好き嫌いはあります。自分を精一杯表現したエントリーシートで落選してしまった場合でも落ち込まないで下さい。

貴方にとってその企業は縁がなかっただけの事です。入ればもっと苦労をしていたのを面接官がストップしてくれたとポジティブに考えましょう。企業は1社だけではありません。

エントリーシートは自分の鏡です。多少着飾る事はいいと思いますがまったく別の自分を創り上げる事はやめましょう。