エントリーシートを書く上で、これだけ注意すればクオリティが上がるポイント

エントリーシートを書く上で、これだけ注意すればクオリティが上がるポイント

(1) 意味が通った日本語で書かれているか

(2) 上から目線な文章になっていないか

(3) 日程には余裕を持って仕上げているか

企業がエントリーシートに求めるのは、日本語が日常レベルで扱えているか。

それさえ満足でなければ、内容に目を通す前に『不採用』のカテゴリーに入れられる。

文字数に制限があったとしても、内容をつめこみすぎたり、こじつけな理論で記載していないかを注意して見て欲しい。

例えば「飛行機は空を飛べる」は常識であるが「鉄の塊は、空を飛べる」と書いてしまっては、途端に意味の通らない文章になってしまう。

これと同じような間違いをしていないだろうか。

エントリーシートや履歴書で具体例を挙げれば「私は自動車が好きです」「だからエンジンの開発がしたいです」と、私はこんな文章を書いていた。

頭の中では、これを補足する内容がきちんとあるのに、それを書いていないから意味が通らない文章になってしまう。

次に、上から目線に思われてしまう文章もある。

例えば『経営理念』を引用したつもりで「社風を変えたい!」などと安易に書くと、何様のつもりだと思われることもある。

あるいは、入社する目的が「人脈を広げたいから」なども、そのまま書かない方が無難である。

私が面接官にそれを言ったとき「社風は守っていきたいもので、乱して欲しいわけじゃない」と指摘されてしまった。

人脈に関しては「広げたら独立でもするの?」と言われたこともある。

社会人となってから、過去のエントリーシートや志望動機を見ると、確かに落ちると思った。

本質として「この人と一緒に仕事ができるか?」という疑問を解消するために、採用試験を実施するのである。

もちろん、言い回しによっては書いても問題ないし、独立を支援してくれる企業であれば、むしろプラスになることも考えられる。

しかし、尖ったことを求める企業でない限り、書かない・言わない方が無難な言葉というのは確かに存在する。

最後の部分は、面接のアドバイスに含まれるかもしれないが、エントリーシートでも意識しておくべきポイントではある。

最後に、余裕を持った日程で書き上げているか。

実際には、そんな余裕を持つのは難しいかもしれないが、志望する気持ちが大きい企業ほど、そうして欲しいと思う。

内容はおかしくないか、書いた翌日に見ると冷静になって受け止めることができる。

書いたばかりだと「やっと終わった!」と気持ちが高ぶって、見直しが甘くなりやすい。

志望する気持ちが大きい企業ほど、事前に終わらせておいたほうが、その後の試験に繋がっても落ち着いて受けることができるかもしれない。

エントリーシートの例はこちら

アフィリエイトで重要なフル・オート・システムを利用したステップメール活用法

フル・オートメーション・システムというのは、アフィリエイトの世界でよく使われる手法です。分かりやすく言えば、全自動でメルマガ配信をするシステム。

事前にメルマガをたくさん作り、設定する必用がありますし、アフィリエイトサイトにメルマガ会員登録できるページを設定する必要もあるので、ある程度の知識が必要になりますが、やり方次第ではほとんど手放しで収益を得る事ができるシステム。

サイトユーザーは簡単にメルマガ登録をしませんが、メルマガ登録して頂くために無料プレゼントやポイント付与などの特典があると、わりと登録する人が増えていきます。

ポイントの付与についてはポイントサイトでなければ厄介な話になりますが、ここでよく使われるのがデジタル商品の無料プレゼント。これは自分で作ったオリジナル商品がおすすめです。

何でもいいと思いますよ。ゲーム制作ができる方なら、オリジナルのゲームを無料プレゼントにする事ができますが、そこまでのスキルがなくても、何らかの教材(コンテンツ)を自作してもいいでしょう。

たとえば、FXのサイトを運営している方なら、FXに関する「〇〇攻略法」などというコンテンツを無料でプレゼントする事ができます。なぜ無料プレゼントにデジタル商品が多いかというと、それは会員登録したサイトユーザーへのファーストメールに添付し、自動で送る事ができるからです。

このフル・オートメーション・システムという手法は、一度設定してしまえばすべてが自動で運営されるので、サイトユーザーが会員登録をすれば、すぐに「ありがとうございます」というメールに無料プレゼントであるデジタル商品を添付して送れます。

もちろん、このメールの設定は1回だけで、お例文にプレゼントの添付をしておけば、あとはほったらかしで大丈夫。

その後はステップメールという、段階を踏んだメール設定をして商品を宣伝していきます。ステップメールの初期段階は、目に見えないサイトユーザーに自分の事を知って頂く事からスタートします。

それは、初めから商品の宣伝を頑張ってしまうと、サイトユーザーが「どうせ物を売るのが目的だろう」と心を閉ざしてしまう事が多いからです。

「商品を売る前に自分を売れ」という言葉があるように、商品に目を向けて頂くためには、まず自分を信頼してもらわなければなりません。それから少しずつ商品に関連した情報に触れたりしながら、最終的に商品の詳細な内容をメールで送るという事がよくある方法です。

ステップメールには様々な心理学的要素を織り交ぜる事が有効なので、売れる仕組みづくりにはたくさん勉強する事がありますが、最初にしっかりとしたサイトを作っておけば、あとは全自動で利益が上がって行きます。

もしも興味のある方は、このフル・オートメーション・システムについて勉強してみて下さい。

エントリーシートで趣味を聞かれた時の書き方

エントリーシートで趣味は何かを聞かれることがありますよね。しかし趣味を聞かれてもどう書けばいいのかわからないと思います。

私も実際に趣味について聞かれたことがありますがそもそも自分の趣味がよくわからず、そして就活と趣味がどう結びついているのかがわかりませんでした。

そこで今回は私の経験も元にしてエントリーシートで趣味を聞かれた時の書き方をアドバイスします。

まずそもそもなぜエントリーシートで趣味について聞かれるのかです。趣味はあなたが興味を示すこと、好きなことを趣味としますよね。趣味はあなたの性格性を示すものでもあるのです。

なので趣味を聞く企業は、あなたがどんな人物なのか、どんな仕事をすれば力を発揮してくれるのか、企業にふさわしい人物なのかなど色々と知れるので趣味を聞かれます。なので就活と繋がりはとても深いのです。

ではどんな風に書けば面接官に伝わるエントリーシートになるのでしょうか。まずは事前にあなたの趣味を全て書き出しておきましょう。

企業によってそぐわない趣味があったりもします。なので企業によって題材にする趣味を変えたりして共感を得られるような趣味にしましょう。

書き方としては最初に趣味は◯◯です、と結果を最初に述べるようにしましょう。そうすることで文章全体に締まりができますし一発で趣味が何かを知ることができます。

そしてなぜその趣味が好きなのか、あなたの性格を絡めながら書き進めていきましょう。

その趣味をすることによってあなたがどうなるのかも重要です。例えば社会人になるとストレス社会の中で仕事をしていきます。

なのでストレス解消に繋がる趣味を持っているかどうかも企業側はチェックしています。趣味をすることによってあなたがどのように楽しくなるのか、やりがいを持てるのかも忘れずに書くようにしましょう。

また最後には必ず趣味と企業を絡めていくようにしましょう。

その趣味によって得られることは社会人になってからどう活かされるのか、企業の仕事にどのように発揮されるかも書き出しましょう。企業側は先ほども述べたように企業にそぐう人であるかを趣味を聞くことによって知りたいのです。

なので企業と趣味を絡めることはとても重要なポイントになります。ただ趣味についてつらつらと述べるのはあまり良くありません。

必ず就活のエントリーシートということを忘れないようにしましょう。

エントリーシートは内定を勝ち取る最初のチャンスになります。勝ち取るエントリーシートにしていきましょう。

エントリーシートの効果的な記載方法について

現在大手企業のグループ会社で研究開発職に従事しています。当社では毎年新入社員を就職サイトから募集しており、多数のエントリーがあります。

私も自部門に新入社員を採用する場合は選考に携わっているのですが、エントリー数が何百とありますので、無難な内容のエントリーシートを記載する学生は魅力や面白みがないと判断し、書類選考で落としてしまいます。

その中で当社の方式ではありますが、採用者の目に留まるようなエントリーシートの記載方法についてご紹介させて頂きます。

先ずは教本や参考書の内容そのままに記載することはNGです。このように記載する学生は数多くいますし、他のライバルと差別化することもできません。そして採用者の目にも留まりにくいのが現実です。

旧帝大などの偏差値の高い大学や学生時代の研究内容が志望企業に合致していれば話は別ですが、それ以外のケースでは皆様自身の言葉でオリジナリティーを十分に発揮しながら記載することが重要だと思います。

例えば、学生時代のサークル活動や部活動、アルバイトなどをアピールされる方が多くいますが、更に一歩踏み込んで記載することでオリジナリティーを発揮することができるのではないでしょうか。

次にエントリーした企業の事業内容を深く知った上で、皆様が入社することでどのように貢献することができるのかを記載してみて下さい。

HP等で予め情報収集はされるかと思いますが、そこから皆様自身で更に掘り下げて考えたり、市場に商品が出ている場合は徹底的に分析してみたり、競合他社と比較して強み弱みを把握してみたりと色々考えることでその企業の見え方が変わってくると思いますし、採用者の見方も変わってくると思います。

また、先程偏差値の高い大学の方は選考に残りやすいと申し上げましたが、そのような傾向は強いと思います。

しかしながら、必ずしも内定を勝ち取れる訳ではありませんし、書類選考以降の段階で落選するケースも多くあります。

学歴コンプレックスをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、肝心なのは学歴ではありませんし、入社してからが本当のスタートになります。あくまでも就職活動は就職する為の切符を手にする手段です。

皆様の想像以上に社会人生活は長く、厳しいことも待ち受けていると思います。また、人生の大半を過ごす場所にもなりますので、しっかりと自身の将来を考え、エントリーして頂けたらと思います。

先ずは内定を勝ち取れるように頑張って下さい。

エントリーシート 例

エントリーシートで失敗談や挫折した経験を問われた場合の書き方

エントリーシートで失敗談や挫折した経験を問われる際にどう記載をすればいいのかわからないですよね。失敗談や挫折した経験とはマイナスなイメージがあるかもしれません。

なのでエントリーシートの書き方も工夫をしなければマイナスなイメージを持たせるエントリーシートになってしまいます。

今回は私の経験も元にして失敗談や挫折した経験をエントリーシートで問われた際の書き方をお伝えします。

そもそも失敗談や挫折した経験を問われるのはなぜでしょうか。それは失敗した経験や挫折した経験をいかにして乗り越えて、そして何を得たのかを知りたいから問われることが多いのです。

社会人になると様々な困難があなたに立ちはだかってきます。

仕事でミスをしてしまうこともあるでしょうしなかなか結果が出せずに挫折してしまうこともあるでしょう。そんなときにあなたの場合どのようにして乗り越えられるのか、またその経験によって何を得ようとするのかを過去の経験談から知るために企業側がエントリーシートで聞いてきます。

なのでまず第一に重要なポイントは経験談ではなくその経験をどのようにして乗り越えたのか、そして何を得たのかを記載することです。

よくエントリーシートで経験談を問われた際、経験談のみを記載してしまうことがあります。しかし企業側がエントリーシートで知りたいのはあなたがそれらの経験から何を学んだかなのです。なので失敗談や挫折した経験だけを述べるのはNGです。

また得たものだけではなくその経験を活かして企業で何ができるか、将来どんな役に立てるのかまでをしっかりと記載しましょう。ここもエントリーシートに記載する際の重要なポイントになってきます。

あなたが企業でどんな活躍を見せてくれるのか、どんな役割を果たしてくれるのかを判断する一つがエントリーシートです。

なので学生時代の失敗談から得たものを社会人になってからどのように活かしていけるのか考えて、そして記載をしましょう。

気をつけておかなければならないのは失敗談や挫折した経験談を美談にしないことです。

今となってはいい思い出のようなニュアンスで記載をすると失敗することに対して危機感を持っていないと判断される企業も中にはいます。文章の書き方なども十分注意しましょう。

失敗談や挫折した経験は当時はとても辛いですし嫌な思い出かもしれません。

しかし必ず何かを得たり乗り越えるために工夫をしたことがあると思います。アピールできるエントリーシートにして勝ちにいきましょう。

元人事担当者がエントリーシートの真実を伝えます

私は今年30歳になる社会人です。サービス業の仕事に携わっており、今は宿泊部門で働いていますがその前は人事部門に所属しており新入社員の採用の担当をしておりました。

今回はエントリーシートで悩んでいる方に役立つ事がテーマなのでそれにそってアドバイスをさせて頂きます。

まずエントリーシートですが、仕上げるのが本当に面倒です。私もそうでした。しかし、エントリーシートとはまさに自分を書き写しただけのシートになります。しっかりと自己分析をして何度か練習で書いてみると上達します

。採用を担当している時に大勢のエントリーシートを拝見させてもらいますが、しっかりと書けている人に後から聞いてみるとやはり何度か練習されていました。

大手の企業になるほどエントリーシートのみでの第一次選考になる場合が多いので就職活動においてはとても大事な項目になります。

そして、エントリーシートはその次の面接へと繋げる大事な資料です。企業側はエントリーシートを元に就活生をイメージします。そして、企業の利益を膨らましてくれる人材が内定という勝利を勝ち取る事ができるのです。

そんな重要なエントリーシートどう書けばいいのかと悩んでいる就活生、また嘘で自分を過大評価すればそのイメージで企業は面接してくれる可能性があると考えている就活生は是非この後の記載する内容をよく読んで下さい。

まず、虚偽の内容は絶対に辞めましょう。面接の時だけ嘘を突き通せばいいと考えて臨むとほとんどの確率で面接官に嘘をついているなと見抜かれてしまいます。

私も面接官として面接をした際は相手の目や表情をみればすぐに見抜く事ができます。嘘をついてごまかそうとする就活生は企業も欲しい人材ではありません。

また、仮に面接官をごまかして内定がもらえたとしても入社後大変な思いをするでしょう。企業側は就活生が自社にどのような利益をもたらしてくれるかを考える上に、就活生が自社にあっているかどうかも判断します。

では、どんなエントリーシートが目を引くでしょうか。答えは簡単です。ありのままの自分を精一杯伝える事です。

エントリーシートを見るのも人間ですので多少なりとも好き嫌いはあります。自分を精一杯表現したエントリーシートで落選してしまった場合でも落ち込まないで下さい。

貴方にとってその企業は縁がなかっただけの事です。入ればもっと苦労をしていたのを面接官がストップしてくれたとポジティブに考えましょう。企業は1社だけではありません。

エントリーシートは自分の鏡です。多少着飾る事はいいと思いますがまったく別の自分を創り上げる事はやめましょう。